Lilac ライラック

ライラックは、フランス語のリラ(lilas)と言う名も使われますね。清涼地を好み、日本では主に北海道で見ることができます。
ライラックの花言葉は、花の色によって異なるそうですが、全般的には「思い出」「友情」

5月の終わり、カナダへ行ってきました。あっちこっちで見かけたライラックの花
帰国後、花言葉を知り、なんだか旅を象徴していたなぁと感じました。


今回10数年ぶりに訪れたのですが、その目的は二人の大切な友人のお見舞い。
一人は昨年、脳卒中で倒れ半身麻痺となったホストマザー 
退職後、念願の家を買って、孫たちの近くで楽しい老後を夢見ていた矢先のこと。
命あってのものだけど、車いす生活の不自由さに、まだ気持ちがふさがってるようでした。
介護付き老人ホームで暮らす彼女を庭へ連れ出し散歩していると、ライラックがきれいに咲いていました。
岡山ではあまり見かけないけど、とてもよい香り♪

一人はリューマチの症状からどんどん悪化し、いわゆる膠原病という難病をかかえてしまったルームメイト
今は新たに取り組んだ治療が効いて、通常の生活ができるようになっていて、言われなければ病気を抱えてるとは見えないほどだったけど、腎臓病の方が透析を続けるように、その治療を継続しなければ、再び痛みを生じるようで・・・。彼女も私より年上ですが、気持ちは当時と変わってなくて、でも老いと病を抱える肉体とどうつきあっていくのか悩みはつきないようでした。
彼女のアパートに泊めてもらったのですが、ここの庭にもライラックが咲いていました。

カナダで過ごした1年間を支えてくれた二人の友人
カナダ人の同僚たちとは帰国後すっかり縁が切れてしまったけど、筆無精な私を受け入れ、友情を継続してくれた寛大なふたり
彼女らは、カナダではない祖国をもつからこそ、外国人の私を同じ立場で見てくれたのかなぁ
今度、いつ会えるかわからないけど、ライラックの花をみて、私のことを思い出してほしいな~

[PR]
by coco2016chaya | 2017-06-13 23:11 | プライベート | Comments(0)

教室からのご案内や、日々のことなど語ります


by Mickey